神の手を持つ治療家に選ばれた確かな技術。年間2万人受診の実績。JR西日暮里駅から徒歩5分、関節のお悩みは当院へ

電話でのお問い合わせ 03-3801-7880「ホームページを見た」とお伝えください

院長コラム

遠心力と足の関節の関係

明けましておめでとうございます。

私は12/31日の夕方まで仕事をしていました関係で、なんだか年を越した感覚も明けた感覚も薄く

なっております。こうして今年もあっと言う間に終わってしまうのでしょうね。やるべきことを

全力で頑張ります。

 

さて、タイトルにあります遠心力と足の関節の関係。これはどういうことでしょう?

人間は地球にいる限り重力を絶えず受けながら生活しています。重力とは地球とお互いに引っ張り合う力である引力と、

地球は回っていますので、その時に発生している遠心力の和のことです。引力+遠心力=重力といった関係です。

では、この遠心力と足の関係性があることをご存知でしょうか?

コラムを読んでいるあなたも実は今こうしている間も絶え間なさく遠心力を受けてゆらゆらと揺れています。

あなたが座っていた場合、遠心力からバランスを取っているのは体幹や骨盤。立っていた場合は体幹と足の関節で

身体が倒れないように支えています。

現代人は足の関節を病んでいる人がほとんどというのは、この遠心力が原因の1つなのです。

地面がどこに行っても固くて関節に受ける衝撃が昔より強くなっているうえに、衝撃を受けて弱ってしまった靭帯のせいで

遠心力に耐えることがままならなくなってきているのです。

 

人間の足首は左右に捻挫してしまわないように靭帯という強靭なゴムのようなパーツで関節を補強しています。

この靭帯が固い地面から受ける衝撃で腫れてきてしまい、腫れてしまうと緩くなってきて関節を安定させることが出来なく

なってしまうという訳です。

ですから、固い地面の上で行うスポーツ(テニス、バスケ、バレー、陸上など)、遠心力に特に耐える必要があるスポーツ

(武道全般、テニス、卓球、野球など)、足首を酷使するスポーツ(サッカー、水泳など)をやっている人はほぼ全員足首に問題があって、

足首そのものや足首より上に存在する身体のパーツを傷めて生活しているのです。

上に挙げたスポーツはほんの一例です。現代人のほとんどがやられている足首及び足首周囲の関節ですが、なぜわざわざこれらの

スポーツを挙げたかというと、

「上に挙げたスポーツをやっている人、もしくは教えている人、選手の身体を管理している人でも足首の

重要性が理解できていない」

ことに懸念を持っているのです。

 

「関節を制するものは健康を制す」「一流アスリートになるためには関節の健康が第一条件」というのを

コラムを読んだ人は忘れないでくださいね。