神の手を持つ治療家に選ばれた確かな技術。年間2万人受診の実績。JR西日暮里駅から徒歩5分、関節のお悩みは当院へ

電話でのお問い合わせ 03-3801-7880「ホームページを見た」とお伝えください

院長コラム

羽生結弦選手に見る足首痛

花粉の季節がやってまいりましたね。三寒四温と言いますが、最近は急に暖かくなりすぎて、また体調を管理するのが大変になりそう

ですね。コラムを読んでくれる皆さんも体調には気を付けてくださいね。

 

さて羽生結弦選手、国民栄誉賞おめでとうございます。2大会の金メダルに到達するまでには、想像を絶する努力と苦労が

あったことでしょう。日本の宝だと思います。そして、運さえも味方につける生まれ持ってのヒーローなんですよね。

 

しかし、オリンピック時の足首痛は20%しか回復していなかったのを皆さんご存知でしょうか?痛み止めを使い、なんとかあの

演技をこなしたのです。恐らく自分の足じゃないような感覚があったと思います。ものすごい集中力と精神力です。

 

私の見解では、治らなくて当然だと思っています。それはもちろん足首周囲の関節を深く理解している環境が無いからです。

大きなことを言っていると思いますか?実は足首というものは治し方を熟知しているとあっという間に治るんです。

ただし、足首の事が分かっていない治療を受けていると何十年経っても完治しません。そのぐらい足首は大変な場所です。

 

羽生結弦選手は今自分で何が原因で足首が良くならないのか、どうすれば傷めずに済むのか研究しているらしいです。

周りに一流と呼ばれているであろうサポートがつきながら、自分でも研究を怠らないその姿勢は本当に素晴らしい。

 

願わくば羽生結弦選手が私を見つけてくれることを祈っております。こればかりは縁です。

最近横浜から来院された患者さんは40年間足首痛に悩んでいたそうです。施術2回でその方は回復致しました。

 

どうか羽生結弦選手とご縁がありますように。