神の手を持つ治療家に選ばれた確かな技術。年間2万人受診の実績。JR西日暮里駅から徒歩5分、関節のお悩みは当院へ

電話でのお問い合わせ 03-3801-7880「ホームページを見た」とお伝えください

院長コラム

一生健康でいるための秘訣は?

だんだんと年末が近づいてきて、すっかり慌ただしくもあり、体調管理により一層気を配らなければいけない
時期になりましたね。私ももう無理はせずに、自分を大事にしております。

さて、私は常々思っていますが、身体の内部に関する医療というものは日々進歩しており、その進歩のスピードは
目を見張るものがあります。人間の寿命の頭打ちは120歳以内だと最近結論が出ておりましたが、このまま行けば
もっともっと長生きできるのではないかと思っております。

問題はいくら長生き出来ても、自分が健康でいられるか、ということです。
コラムを読んでいる皆様、どうしたら健康でいられると思いますか?

色んな意見は多々あるかと思いますが、私個人の意見としては極論を言えば「血流」だと思っております。
人間は血液から栄養をもらい、汚れたものをきれいにし、日々細胞が働いて機能や生命そのものを維持しています。

では血流が良い状態を維持するにはどうしたらいいと考えますか?
お風呂?運動?もちろん血流が悪くて身体の調子がいいはずがないので、皆さんなりに血流を良くする方法を取っていると
思います。しかし、根本的に血流を良くする方法はもちろん否定的な意見もあるでしょうが、結局は

「高齢になっても元気に自分の足で歩くことができるかどうか」

に、かかっていると思っています。これが私の健康に対する最終結論です。

考えてみてください。

足、脚が悪ければ運動をしたくても出来ません。人間は血流を良くするための絶対条件である運動時のエネルギーは
ほとんど下半身で発揮されています。つまり全然歩かない人は全身の血流が悪い状態が当たり前になってしまうのです。
血流が悪くなれば身体の中はごみだらけ、栄養も行き届かない。これでは内臓でも筋肉でも関節でも充分働いてくれるはずが
ないのです。

さて、賢明な皆さんは、では頑張って歩こう!と考えるでしょう。
ちょっと待ってください。いくつになっても歩けるための条件って知ってますか?

それが「足首の健康」なのです。正確には足首及び足首周囲の関節の健康です。
あなたの足首及び足首周囲が健康でなかったら、残念ですがいつまでも健康でいるのは無理な話です。
足首を病んでしまうと、次は膝に必ず負担が来ます。膝の負担が大きくなると今度は腰でカバーします。
この負の連鎖を止めない限り今度は歩くときに足首や膝が痛くなってしまい、歩くのがおっくうになるのです。
歩くのがおっくうだから歩かなくなり血流の悪さから内臓も弱るという寸法です。
これを読んでいる皆さんは「私は足首が痛くないから大丈夫だ」と胸をなでおろしているかもしれません。

ですが、残念ながら私は著書でも触れていますが、現代人の足首が老若男女問わずみんな病んでいます。
私は足首が痛くて来院したわけではない患者さんでも足首が病んでいない人を見たことがないです。
それこそ年間通して2万人近く診ているのに、です。一般人でも一流アスリートでも関係ありません。

あなたの足首の病み具合であなたの内臓の働きの機能までもが落とされているのです。
今こそ人は自分の足首や足首周囲の関節に対する意識を高める必要があります。

足首の健康なしに身体の健康は絶対にないと断言しておきます。
体幹を鍛えても膝に注射を打っても解決することはありません。あなたの健康のために自分の身体への
意識、考えを改めましょう!

「関節を制する者は健康を制す」これは私の座右の銘です。